ワキガでもいいことたくさんある

中程度のワキガ持ち男です。ワキガ体験談では悩みが多いですが、ワキガ持ちでも楽しく日々を過ごすことができます。お勧めデオドラントやワキガのメカニズム、体験談をつらつらと書いていきます!

高校時代ワキガ体験

ワキガ、異臭を放つ人は浮いてしまう世の中

2016/04/25

ワキガ男として世の中にデビューして以来、異臭を放つ人に対して世間は世知辛いということがわかりました。大学、社会人と成長するに連れ、他人の体臭をあからさまにからかったり、嫌な顔をする人は減っていきますが、高校生くらいまでは体臭をネタにからかう人も多いです。

異彩を放つ人は好かれても異臭を放つ人は嫌われる。

匂いが違うと仲間はずれにあってしまうのは、生物的に見ても当然のようです。動物園で飼育された後に、自然に返された動物は元々大自然で暮らしている群れにすんなりととけ込めません。

動物園暮らしで群れの生活に慣れていないのも原因の一つですが、動物園の食事のお陰で体臭が群れの動物と違ってしまっているからです。人間の臭いも染み付いてるかもしれません。野生動物に取って極めて不快な臭いのでしょう。

臭いが違うと仲間に入れてもらえない、拒否されることは人間でも同じ・・・。

ワキガ持ちや体臭がキツイという理由でイジメられたり、女性に振られたりすることは少なくありません。

私自身も中程度のワキガであり、ワキガをからかわれたこともありました。

私は高校時代柔道部でデブでしたので、「ワキガじゃなくても臭いそうな体型」でしたのである意味見たまんまの臭いの持ち主だったので、異臭こそすれ、意外な臭いではなかったと思います。「臭そうだけど、本当にくせえな」みたいな。

私はともかく女性でワキガだとイジメられたり、悩みは私のような人間よりも深いと思います。

女性のワキガ体験談などを読んでいると、朝晩のシャワー、市販のデオドラントをつけても臭いを上手く抑えられない、クラスメイトから臭いと言われたなど・・・。思春期にこんなこと言われたら凹むどころじゃありません。登校拒否になってもおかしくありません。

子供は怖いですよね。
思ったことを口に出してしまうし、平気で他人を傷つける。

社会人になれば面と向かって「くせーんだよっ!」と言う場面は、ストレスを貯めまくった女性社員が、退職する当日に加齢臭漂う上司に投げつける捨て台詞位だと思います。

でも、ワキガのせいで職場の人間関係がギクシャクしたり、恋人ができない、好きな異性がいるけれど上手くアピールできないこともあるでしょう。

臭いは理屈じゃない。
人間第一印象が大事とよく言われます。外見の美しさはどうしても目が行ってしまいます。ですが、臭いは生理的に拒否されてしまうため、本能にまで届く違和感なのです。

でも、悪臭だけではありません。好きな人の体臭(ワキガであろうとなかろうと)は嗅いでいて心地いいものです。私のようなワキガ持ちでも、ガールフレンドにとっては「良い匂い」になることもあるのです。私がお付き合いできた女性全てがワキガフェチということではありませんよ!
臭いに慣れたというか、好きな人の匂いなら受け入れられるということなのかもしれませんし、「宇賀神のワキガ大好き!」と言ってくれた娘もいます^^;

確かに臭いというのは特殊なもので、人と人を結びつける物があります。生まれたばかりの赤ちゃんは母親の臭いを元に母乳を探り当てますし、母親の臭い(抱きしめられた時の柔軟剤の臭いかもしれないけど)は安心しますし、一番安心できる場所の臭いと認識しているはずです。

これと似ているのが香水の役割です。
香水やオーデコロンが本人が香りを楽しむためだけでなく異性を引きつけるためでもあります。

私のような中程度のワキガですとセックスアピールになるのかわかりませんが、微量のワキガでしたら女性に対してアピールできるそうです。非常に羨ましい限りです。恋人が出来ないと悩んでいる人は、服装やメイクだけでなく臭いを変えてみると相手を惹きつけることができるのかもしれませんね。

プチワキガぐらいだったら、むしろ軽くデオドラントをつけるだけでも十分防臭できますし、個性的なものとして受け取られるかもしれません。ワキガフェチって人は少数派だと思われていますが、絶対に隠れフェチは多数いるはずなんですよね・・・。


スポンサーリンク

-高校時代ワキガ体験