ワキガでもいいことたくさんある

中程度のワキガ持ち男です。ワキガ体験談では悩みが多いですが、ワキガ持ちでも楽しく日々を過ごすことができます。お勧めデオドラントやワキガのメカニズム、体験談をつらつらと書いていきます!

大学時代のワキガ体験

不特定多数の人に不快なワキガでも、特定の異性には…フェロモンっ!

2016/04/25

大学2年生の時、バイト先の離婚妻と好い仲になり、肉体関係のみで終了することが出来ました。後腐れはありませんでしたが、同じ職場で別れた相手がいるのもあまりよい気分ではありませんでした。

離婚妻もたらし込めるほどのワキ臭はやっぱりフェロモン効果抜群だから!

さて、そんな離婚妻斉藤さんとスッパリ別れられたのは、自分に彼女(仮称赤津さん)が出来たからです。

バイト先の離婚妻と割り切りの関係は意外と辛い 新彼女登場で終了!

彼女との出会いは、趣味で練習しているブラジリアン術がきっかけでした。練習生同士で格闘技好きの大学二年生。趣味の世界で知り合った人とは話題に事欠きません。彼女は自分を変えたいためにブラジリアン柔術を始めました。

 

彼女語りになってしまいますが…。

大学になってからサークル活動にも参加したことがなく、人との交流があまり得意ではなかった。高校時代に格闘技をテレビ観戦して、総合格闘技好きになっていた。高校3年生の頃柔道部に入ろうとしたけど、そんな時期に部活を始める人はいませんし、そもそも入部が許可されることもないでしょう。

結局大学で格闘技系のサークルを探したけれど、あったのは柔道部のみ。
とは言え、私大のバリバリの柔道部でしたから上下関係も厳しく初心者は絶対無理というイメージもあり、柔道部の女子は男子の慰みものになるとか変な噂が流れたことがあったので、入部はしなかったようです。

著作者:lwpkommunikacio

著作者:lwpkommunikacio

 

で、結局ブラジリアン柔術道場に入門。

彼女とは気が合い、飲みに行ったり時々遊びに行ったりしているうちにお付き合いが始まりました。
すぐに打ち解けたのはワキガであることを知られていたからだと思います。

前にも書きましたが、柔術仲間からは私のワキガを突っ込まれていました。

ワキガ野郎、我が道を行く 臭い?受け入れるんだな!

もちろんデオドラントでケアをしていたので酷く匂うことはありませんでしたが、多少の臭いはありました。取っ組み合い、しかも寝技で身体を密着しながら押さえ込んだり首を絞めたり、関節を狙っているわけですから…鼻につくのは当然です。

柔術は寝技が主体ですが、男女混合で練習します。
女性の練習生は赤津さんを合わせて3名。コーチも男性ですし、男性と練習せざるおえないんですね。
という訳で、スパーリングを彼女とするのはしばしばでした。

臭いでもわかっていただろうし、ワキガであることはみんなの前で言われていたので、知られていたはずです。

彼女と一緒に二人で食事をしていた時のこと…柔術の話をしつつ私のワキガに触れました。

「ワキガのケアをしているんだけどどうしても臭っちゃうんだよね^^;あいつらにからかわれているから知っていると思うけど…」

「ううん。大丈夫よ♪全然気にならないよ!」

優しい女の子だなあ…。きっと社交辞令だろうけど、嬉しい事に変わりはありません。
このセリフを聞いた数日後に告白して見事に付き合うことになりました。

そう…気にならないどころか私のワキガに好感触でした。
付き合ってやることやるようになると、

「宇賀神、ワキガのデオドラントつけないとどんな臭いがするの??」

と、聞かれました。
朝、デオドラントをつけずに過ごした後に臭いを嗅いでもらったら、めっちゃハマっていました…。

私の寝間着の臭い、枕の臭い、布団の匂いを嗅いでは、

「癒される~~ww」

とご満悦。
自分はやっぱり臭い人間なんだな…と思ってしまいましたが、ここは前向きにとらえましたよ。自分の匂いは確かに不特定多数の方々には不快なので、必ずデオドラントでケアした後に接しなければいけないけれど、自分に好意を持ち、且つワキガの臭いが好きな人には超強力なフェロモンにすらなることを…。

確信したっ!!!


スポンサーリンク

-大学時代のワキガ体験