ワキガでもいいことたくさんある

中程度のワキガ持ち男です。ワキガ体験談では悩みが多いですが、ワキガ持ちでも楽しく日々を過ごすことができます。お勧めデオドラントやワキガのメカニズム、体験談をつらつらと書いていきます!

ワキガのメカニズム

ワキガはかつてフェロモンだった…。

2016/04/25

発情期待った只中だと動物たちはフェロモンを放出して、メスを惹きつけます。
人間もかつてはフェロモンを発散していたのですが、現代の人間は強い匂いを嫌う傾向があり、独特の体臭を持つ人は嫌われてしまうことがよくあります。

gf01a201503161200mje6p

前回の記事、黒人のワキガ率ほぼ100%、白人のワキガ80%以上の数値に感動したでも紹介した通り欧米人に生まれていたら、もしくは欧米で生まれ育っていたら自分のような体臭は、あまり目立たなかったんだよなあ…と一時期悔しい思いをしたことがあります。

人間がまだ類人猿と言われていた頃、ワキガはフェロモンでありました。

ところが、人間の嗅覚が変化し「ワキガ=悪臭」となり、ある人達にとっては耐え難い臭いと感じてしまうことが多いです。

すでに人類には動物の性ホルモンにあたるような、異性に直接的な活動を呼び起こさせるフェロモンは分泌されていないと言われています。以前は媚薬が身体から出ていたようですが、それに優る理性を身につけたために退化していった。

また、人間は他の動物と違って、一年中セックスができ妊娠が可能となったため、特定の時期にフェロモンを発して性交する必要がなくなったため、このような機能が失われたと言われています。

昔は性的興奮を誘ったワキガが、現代では悪臭(特に日本ではワキガの肩身は狭いです)となってしまったのでしょうか。

他の動物達の嗅覚が鋭く、様々な臭いを強く感じる能力を持っているため、ワキガ程度の臭いを嗅いでも驚かない。方や人間は嗅覚が退化し、犬や猫たちの嗅覚には足元にもおよびません。そのため、ワキガのような強い匂いを嗅いでしまうと、悪臭と捉えてしまうのです。

ワキガが快い性的な香りと特定する回路が無くなったとはいえませんが、民族的、人種的に見て「ワキガを嗅いで興奮する人たち」が大昔と比べて激減してしまったためです。

※しかし、最近のネットの普及によりネタかもしれませんがワキガフェチや足臭フェチなどが意外と多くいるのではないか…と思うことが多々あります。

本来持っている性的嗜好を現実社会でカミングアウトできないため、匿名性の高いネットの掲示板やブログなどで特集をくみ、同じ嗜好の人達が交流する場面があります。
実は、ワキガだからといって嫌われるどころか、人によっては好ましい臭いと感じることも多々あるのではないでしょうか。

gf01a201408120500

著作者:David Photo Studio

普段は悪臭と感じるワキガでも、性的に興奮している時に臭いをかぐと興奮したり、臭いを発している相手を一段と愛らしく、好ましく思うこともあります。それと、場所にもよると思います。満員電車に乗った瞬間、ワキガの臭いが漂ってきたら、不快と感じる人が多いでしょう。どこの誰だかわからない人のワキガ、発生元が男か女か。※若い女性だと特定できた場合、「まあいいか」と思う殿方もいるはずだっ!!!

女性は排卵期の時、ワキガへの感受性が高まるといいます。好きか嫌いかではなく、ワキガを始めとする体臭に過敏になります。

私の女性同僚で「部屋が臭い」「加齢臭がする」「エアコンから雑巾臭いにおいが出ている」と言う人が居ます。他の女性スタッフ曰く、「彼女が臭いについていろいろ言う時は生理が来ているから」とのことでしたが、なるほど頷けます。

ワキガでも自分の愛する人、恋人、夫、妻であれば悪臭どころか、それも魅力の一つととらえてくれます。
悪臭とまでいかない程度のワキガであれば、デオドラントで覆い隠せることはもちろん、逆に異性を興奮させる事ができるかもしれません。

ネットを見ているとワキガフェチって意外といるんだよなあ…。
男のワキガフェチってネットでは見かけるけど、女性はどうなんでしょう。結構いると思うんですよね~!


スポンサーリンク

-ワキガのメカニズム